2016/09/29

ニードルブック



ニードルブックを作りました。
以前から大きめのニードルブックが欲しいと思っていたので
A5サイズより一回り小さめです。


20160928needlebook_11.jpg


20160928needlebook_33.jpg


自宅の在庫品で賄おうとしたので
ああでも無いこうでも無いと悩みながら
内側はこんな感じに仕上がりました。


20160928needlebook_4.jpg


このお花を刺すのはかなりしんどかった・・
1つ仕上げるのに何度もため息が・・


20160928needlebook_5.jpg


20160928needlebook.jpg


デザインは以前の記事 ☆☆ の写真にある本
"BRODERIES ET BONNETS EN TOURAINE" から





posted by masayo miwa at 00:30 | Comment(0) | broderie blanche

2016/09/13

OIDFA in Brugge が中止・・



2018年にブルージュで開催予定だったOIDFが
中止になったそうです。


20160913oidfa.jpg



会員に届けられる冊子の最新号にも
それについての記事がありました。

中崎久美子先生のブログ ☆☆☆ には
ベルギーサイドへの
中止にあたってのインタビュー記事をアップしてくだっさてます。






posted by masayo miwa at 21:10 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/09/09

ローラークッサン



先日ローラークッサンの話が出て
放置中(熟成中・・・)だったクッサンを表舞台へ。

個人的には、ローラークッサンには必要性を感じなかったし
興味がなかったのですが
このクッサンを見つけた時は、そんな事が吹っ飛んで
コレを使ってチュールレースを織りたい!
そんな”欲望”に駆られ・・

クッキー型のクッサンではレースの移動が必須です。
チュールレースはグランドが繊細
でも、もしコレを使えばレースを傷めてしまったりの
まさかの事故も避けられる、、等々のメリット(言い訳)
誰にも突っ込まれる事は無いだろうけど
今までのスタンスを崩す言い訳めいた事を考えながら
ついに購入に至ったクッサンです。

簡易的なもので幅は35pほどなので
たくさんのボビンが必要な幅広のレースを織るのには
不向きだとは思いましたが
”欲望”と勢いは止まりませんでした。


20160909rollercushion_1.jpg


ほぼ3年の熟成期間(!!!?)(笑)。
かかっていたレースは、バイユー(Bayeux)レースで
ペア数は20pairs。
このクッサンだとこれくらいがマックスかなぁ
これ以上になると織る時にストレスを感じるんじゃないかなぁ
と想像します。パターンにもよるかな(?)。
長い間放置していたにも関わらず
幸いにレースもピンも殆ど汚れが無く
このまま織り続けることにしました。

後ろ姿
レースが長くなってきたので糸巻きを吊るして巻いてみましたが
どうなんでしょう??? とりあえずはこれで・・

Bunkamura ザ・ミュージアムでの西洋更紗トワルドジュイ展
残念ながら行けませんでしたが、トワルドジュイ好きの私は
このクッサンの前に座るとやはりテンション上がります。


20160909rollercushion_2.jpg



20160909rollercushion_3.jpg



20160909rollercushion_4.jpg



チュールレースにはすごく沢山の種類があるようです。
この2冊の本には
何種類かのチュールレースの歴史や特徴、テクニックが
紹介されています。



posted by masayo miwa at 15:06 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2016/09/02

薔薇のブローチ



中崎久美子先生の薔薇をテーマにした本、
"Roses" から
お花のデザインを1つ抜き出してブローチにしてみました。

薄手の麻布にアプリケして刺繍のブローチにも使った
クロバーさんのセットを使い仕立てました。


20160902rose_1.jpg



20160902rose_2.jpg







posted by masayo miwa at 23:04 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2016/07/16

マルシェバッグ


サクレクール寺院側の布屋街の
マルシェサンピエールで巨大マルシェバッグを発見。
大量の布を購入しても持ち運び楽チンなのかな(???)(笑)
お値段はたったの1.5ユーロなりでした。




posted by masayo miwa at 02:29 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/07/02

フランスから


白糸刺繍、夏のスタージュに来ています。
前半は、お天気が良くなく朝晩肌寒くて
暖かい洋服を持って来ていない事を後悔…。
来週はお天気良くなるといいなぁと思います。




一瞬の晴れ間を切り取りました。

posted by masayo miwa at 03:48 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/05/25

ブローチ


今までブローチをつける事は殆ど無かったのですが
今回も身につけられる物をと考えてブローチを作りました。

作り出すと楽しくて
モチーフとしたい題材も色々浮かんできます。

今の時期だと白いシャツブラウスにさりげなくつけたら
清楚な雰囲気になるのでは、と思います。
(注:本人は清楚からは大分遠いところにおります 笑)


20160525_1.jpg


20160525_2.jpg


ハサミはデザインと糸のバランスが合っていないかなと
反省しています。
アブローダー#30を使いましたが、
#40を使うともう少しシャープさを出せたのではと思います。


20160525_4.jpg


20160525_3.jpg


このモノグラムは古いデザイン集の中からのパターンです。
以前にも**刺繍しましたが
納得できないところがあったのと
このパターンが大好きな事もあって再チャレンジしました。

前はパターンの向きが布に対してバイアス方向だった事もあり
それだけでも大変でした。
今回は正方向で、幾分気持ちも楽に刺せました。


20160525_5.jpg


ブローチの仕立てには
クロバーさんの**このセットをつかいました。

説明書によると
1度組み立てても簡単にはずす事が出来るとあります。
もし汚してしまってもはずして洗えるので嬉しいですね。


posted by masayo miwa at 18:22 | Comment(0) | broderie blanche

2016/05/08

お友達の作品です


アンティークではありません!!!(笑)

以前にもご紹介したお友達の新しい作品です。
縁のしまつが済んだ状態の古いハンカチを蚤の市で手に入れて
そのハンカチに刺繍されました。

Nappeもそうでしたが
このハンカチもアンティークと見まがうほどの素晴しい刺繍です。


20160508ikukosan_1.jpg


モチーフの小ささの目安にとコインを置いてみました。


20160508ikukosan_2.jpg


デザイン・指導: Madame LEZZIERO Sylvie




もう1つ、可愛いフクシアの巾着。
お知り合いのためにと作られたそうです。
素敵なプレゼントです。


20160508ikukosan_3.jpg


20160508ikukosan_4.jpg


デザイン: Madame LEZZIERO Sylvie


裏側には小さなイニシャル。
”M”の方なんですね。
私も”M”なんだけどなぁ(と、指をくわえる・・・笑)


20160508ikukosan_5.jpg


制作:Ikuko


posted by masayo miwa at 18:11 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/05/03

バッグチャーム


時間もかからず比較的簡単に刺繍できる
何か身につけられるものをと思い
バッグチャームを作ってみました。

モチーフは百合 (Fleur de Lis)。
と言えばフランス王家の紋章を思い浮かべますが
百合をデザイン化したものは文明の初期から
多様に使われていたそうです。

検索してみると様々なデザインがありますね。
白糸刺繍にも沢山使われています。

百合もバッグチャームも色々展開できそうで
これからも続けて試してみようと思います。


20160503_fleurdelis_2.jpg


お恥ずかしの着画ですが・・・
バックにつけるとこんな感じとなります。


20160503_fleurdelis_1.jpg


左右の反ったパーツを刺繍する時に
ステッチの角度を少しずつ回転させるのが少し難しいですが
あとは特別に注意する事は無く刺せます。


20160503_fleurdelis_3.jpg


裏には秘密の鍵をさげられます(笑)。


posted by masayo miwa at 20:45 | Comment(0) | broderie blanche

2016/04/14

バンシュレースで額紫陽花を


製図レッスンの課題をもう1つ織りました。
紫陽花は以前からモチーフにしてみたかったお花のひとつでした。

西洋紫陽花ではなく額紫陽花にしたのは
花弁(装飾花)の数が少ないから。
少しでも小さな花弁を減らそうという魂胆です(笑)。

改良の余地満載で、納得する出来上がりとはなりませんでしたが
なんとなくの雰囲気がつかめたので
またリベンジしたいと思います。


20160414binche_1.jpg


花弁1つずつのギンプを切ったので
ギンプの尻尾がえらい事になっています。


20160414binche_2.jpg


今回は鉛筆の線だけでは織る自信がなく、お清書しました。
流石のカラーコードです。
断然分かりやすいし織りやすい!!


20160414binche_3.jpg


ここ数年、お花屋さんには輸入の紫陽花も増えましたね。
西洋紫陽花には沢山の花言葉があるようですが
額紫陽花の花言葉は、謙虚なんだそうです。
そうありたいです。


posted by masayo miwa at 17:45 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux