2016/12/04

京縫(きょうぬい)



日本刺繍、京縫を習い始めてかれこれ2年ほど。
かなりのスローペースですが、ぼちぼち歩んできました。

これから先もぼちぼちしか進めないと思いますが
私の愉しみです。


20161204kyounuiyuki_1.jpg



京縫のお稽古バッグとして使おうと
トートバッグに仕立てをお願いしました。


20161204kyounuiyuki_2.jpg



20161204kyounuiyuki_3.jpg



刺繍をする時
絹糸が絹地をとおる時のシューーーっていう音が
心と身体に沁みます。





posted by masayo miwa at 19:36 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/11/17

ネームリボン



先日、京都のユキパリスさんのミュージアムにお邪魔しました。
何度か足を運んでいるところですが
同じ刺繍をするお友達と行くのは始めてでした。
そうなると目が4つになるのですね!!
あっちにあんなのがとか、こっちにこんなのがとか
お互いに興味を魅かれた展示品の事を話しながら
とても楽しく良い時間を過ごしました。

2人でテンションがマックスになったのが
ハンカチを仕分けて収納するためのネームリボンでした。
大きさ5p×2pくらいのタグには
mouchoir(ハンカチ)と白糸で刺繍してありました。

私も作ってみたい!
でも、この私にはハンカチのためのネームリボンは不要です・・(苦笑)。


20161116tag_1.jpg


Je suis brodeuse ってちょっと憧れのような事を刺繍して・・

タグにリボンを通した姿を使いたい、どう使おうかと考えて
また袋にしてみました。


20161116tag_2.jpg


20161116tag_3.jpg


今回はA4ファイルを入れる事もできるし
入れないときは前のフラップを大きくたたむ事もできる
フレキシブルな袋です。


20161116tag_4.jpg


このボタンホールステッチがすっぽり抜けないか
心配でしたが、いまのところ大丈夫なようです。
でも洗う時には充分に気をつけないとと思っています。






posted by masayo miwa at 00:34 | Comment(1) | broderie blanche

2016/10/30

こんな袋を作りました



先日仕上げた刺繍、イニシャル K でこんな袋を作りました。


20161029_1.jpg



刺繍枠や
制作途中の布も一緒に入れられます。

薄い生地のミシンがけ、苦労しました。
厚さの違う布を縫い合わすは難しかった、、、(汗)
ヨレヨレ加減が物語っていますね(大汗)。


20161029_2.jpg



気をとりなおし
先日、名古屋の松坂屋で開催されていた
ベルギー物語へ出かけました。

特別にタンタンのファンではないのですが
来年のスケジュール帳と
缶を欲しさに JUIES の BISCUITS。
どちらもベルギーと言えばのベタベタでお恥ずかしいです(笑)。
でも、ひっそりベルギー好きをアピール。。

今年も栗林先生がボビンレースのデモンストレーションを
されていました。
OIDFA のブルージュ開催は中止になりましたが
2018年夏にブルージュで何かイベントがあると
お話くださいました。
何があるんでしょう!? 楽しみですね!!


20161029_3.jpg






posted by masayo miwa at 00:18 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/10/27

イニシャル K



丸の練習と "M" 以外の文字を刺したかった事もあり
選んだ ”k” です。


20161027k1.jpg



丸を刺繍するのは本当に難しい!
教えられた隠し技のような最後のひと針
なかなか技として習得できないのです。トホホ(泣)です。。

丸の技術は難しい事のメーンで
こんな言葉があるそうです。
”La hantise de la brodeuse”
直訳すると、”刺繍職人の脅迫観念” 。
綺麗な丸を刺繍する事がどんなに難しいか伝わってくるような
言葉ですね。





posted by masayo miwa at 23:56 | Comment(0) | broderie blanche

2016/10/25

とんぼ



とんぼを刺繍して
ブローチ1つ増えました。

どのように刺そうか色々考えて
効果を見ながら実験的に刺繍したので、改良の余地や
他に試してみたい事も出てきました。
とんぼはまた違う技法でも刺繍してみようと思います。


20161024_2.jpg


そして、こんな写真も撮ってみました。


20161024_1.jpg


蜘蛛の巣つながりという事で
この写真は、今年の刺繍スタージュの帰りに
お友達と寄った”刺繍のお祭り(Fête des Brodeuses)”
そのポンラベ(Pont L'abeé)の街角で撮った写真です。
☆☆←お祭りのサイト

20161024_3.jpg


前から行ってみたかったお祭りで
トゥーレーヌのボネとはまた違う刺繍のコワフを
見る事が出来て
ブルターニュの音楽にも心躍り
何より、本場の美味しいクレープを食べられたのが
倖せなポンラベでした。




posted by masayo miwa at 00:14 | Comment(0) | broderie blanche

2016/10/23

La pensée



20160308pensee_3.jpg


きんちゃくに仕上げたパンジーの
白糸刺繍 Broderie Blanche、

デザイン画を
ホームページフリーパターンのページから
ダウンロードしていただけます。

その際にはこの記事にコメントをいただけたら嬉しいです。





posted by masayo miwa at 16:54 | Comment(0) | patron gratuit

2016/10/05

城塞(Le château fort)



今年のスタージュで
次の作品(と言っても順番待ち列の後尾・・)の練習と実験に
刺し始めたものを仕上げました。


20161005chateau_1.jpg


数年前にフランスロワール地方の
お城巡りをした時の写真です。
今回のモチーフの "Le château fort"
偶然にも写真を撮っていました。

塔の横一列に並んでいる小さな穴のようなもの
マシクリ(les mâchicoulis )と呼ぶそうです。
攻め入ろうとする敵に対し侵入を防ぐために
そこから石などを落すそうです。

刺繍のレッスンでお城の勉強もできるとは
思わなかった(笑)。


20161005chateau_2.jpg


20161005chateau_3.jpg


お星さまとお月さまも刺しました。
星は南斗六星。
射手座の中で、北斗七星と同じく
柄杓の形をしています。
北斗七星は死をつかさどると言われるのに対し
南斗六星は生をつかさどるとされるのだそうです。
射手座はケイローンが弓を引く姿で、、、
城塞にリンクするところもあるかなぁ・・と。

そこで、
ドリームキャッチャー的なオーナメントに仕立てました。
悪から身を守ってもらう魂胆です(笑)。


20161005chateau_4.jpg


20161005chateau_5.jpg






posted by masayo miwa at 17:46 | Comment(0) | broderie blanche

2016/09/29

ニードルブック



ニードルブックを作りました。
以前から大きめのニードルブックが欲しいと思っていたので
A5サイズより一回り小さめです。


20160928needlebook_11.jpg


20160928needlebook_33.jpg


自宅の在庫品で賄おうとしたので
ああでも無いこうでも無いと悩みながら
内側はこんな感じに仕上がりました。


20160928needlebook_4.jpg


このお花を刺すのはかなりしんどかった・・
1つ仕上げるのに何度もため息が・・


20160928needlebook_5.jpg


20160928needlebook.jpg


デザインは以前の記事 ☆☆ の写真にある本
"BRODERIES ET BONNETS EN TOURAINE" から





posted by masayo miwa at 00:30 | Comment(0) | broderie blanche

2016/09/13

OIDFA in Brugge が中止・・



2018年にブルージュで開催予定だったOIDFが
中止になったそうです。


20160913oidfa.jpg



会員に届けられる冊子の最新号にも
それについての記事がありました。

中崎久美子先生のブログ ☆☆☆ には
ベルギーサイドへの
中止にあたってのインタビュー記事をアップしてくだっさてます。






posted by masayo miwa at 21:10 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/09/09

ローラークッサン



先日ローラークッサンの話が出て
放置中(熟成中・・・)だったクッサンを表舞台へ。

個人的には、ローラークッサンには必要性を感じなかったし
興味がなかったのですが
このクッサンを見つけた時は、そんな事が吹っ飛んで
コレを使ってチュールレースを織りたい!
そんな”欲望”に駆られ・・

クッキー型のクッサンではレースの移動が必須です。
チュールレースはグランドが繊細
でも、もしコレを使えばレースを傷めてしまったりの
まさかの事故も避けられる、、等々のメリット(言い訳)
誰にも突っ込まれる事は無いだろうけど
今までのスタンスを崩す言い訳めいた事を考えながら
ついに購入に至ったクッサンです。

簡易的なもので幅は35pほどなので
たくさんのボビンが必要な幅広のレースを織るのには
不向きだとは思いましたが
”欲望”と勢いは止まりませんでした。


20160909rollercushion_1.jpg


ほぼ3年の熟成期間(!!!?)(笑)。
かかっていたレースは、バイユー(Bayeux)レースで
ペア数は20pairs。
このクッサンだとこれくらいがマックスかなぁ
これ以上になると織る時にストレスを感じるんじゃないかなぁ
と想像します。パターンにもよるかな(?)。
長い間放置していたにも関わらず
幸いにレースもピンも殆ど汚れが無く
このまま織り続けることにしました。

後ろ姿
レースが長くなってきたので糸巻きを吊るして巻いてみましたが
どうなんでしょう??? とりあえずはこれで・・

Bunkamura ザ・ミュージアムでの西洋更紗トワルドジュイ展
残念ながら行けませんでしたが、トワルドジュイ好きの私は
このクッサンの前に座るとやはりテンション上がります。


20160909rollercushion_2.jpg



20160909rollercushion_3.jpg



20160909rollercushion_4.jpg



チュールレースにはすごく沢山の種類があるようです。
この2冊の本には
何種類かのチュールレースの歴史や特徴、テクニックが
紹介されています。



posted by masayo miwa at 15:06 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux