2022/01/31

Le coq のニードルサシェ


絹糸を使ってロングアンドショートを刺してみたくて刺繍しました。

Le coq(雄鶏)は不正式ですがフランスのシンボルですね。
フランスかぶれを出しました(笑)。

話は戻しまして。
絹糸はちょうど手元にあったボビンレース用の糸
撚りかげんが求めるものに近かったのでそれを使いました。
しかし細すぎて、、2本どりで刺してみましたが作業が大変で
他の人に勧めるには不十分でした。

絹の縫い糸などは試した事がないので
機会があれば絹糸ジプシーしてみようかなと思います。

20220130_4.jpg



20220130_5.jpg

早速、生徒さんに教えて頂いた仕立て方で、ニードルサシェにしました。

一緒に写っているのは
ブロカントで見つけたBOHINと、どこて手に入れたか忘れてしまった#14の針。
細い針は手に入りにくいので貴重です。
大切に使おうと思い過ぎて未だ持ってるだけの状態
という事は、必要ないんじゃないて事ですよね、、、
いえいえ、自己満足の世界です(笑)。

20220130_6.jpg






posted by masayo miwa at 11:38 | broderie blanche

2022/01/30

生徒さんの作品



グレー地にグレーの糸でイニシャル、とても素敵です。
DMC Moulinè 1本どりでの刺繍は大変だったと思いますが
綺麗に刺されています。

20220130_1.jpg


20220130_2.jpg


20220130_3.jpg

制作;Yさん

小さなサシェに仕立てて見せて下さいました。
裏地はリバティ、素敵です。センスいいですね。

アレ??と、気がついてしまいました!
私の知らない仕立て方をしていらっしゃると。
そこで、師弟逆転です。同席されていた生徒さんも含め
Yさんの仕立て方講習になってしまいました。

表地と裏地を重ねて脇を縫ってくるりんと返したら出来上がりという方法
小さなサシェを作る時にはとても有効な仕立て方だと思います。

ありがとう、Yさん!!





posted by masayo miwa at 17:14 | au point du plaisir

小さな花輪



直径13cmほどの小さな花輪です。
お花一つ、葉っぱ一つ等々、パーツの練習が終わったら
これくらいの分量のデザインから作ってみるのがイイかなと思います。
小さいと達成感もすぐに味わえますしね(笑)。

お花にパールも入れました。
これも最初はこれくらいのニードルから練習するとイイかなと思います。

20211219_4.jpg



20211219_5.jpg



なるべく最後までどのピンも外さないようにしているので
全部外すとこれだけのピンがありました。

織り上がったレースを表に返す時にはドーパミン出ます!





posted by masayo miwa at 16:24 | dentelle aux fuseaux

2022/01/01

Bonne Année



明けましておめでとうございます。

20220101.jpg


2022年、健康で穏やかな日々を送れますように
より良い年となりますようにと願います。

ボビンレースを白糸刺繍をたくさん楽しめますように。





posted by masayo miwa at 13:55 | au point du plaisir

2021/12/27

青い花


青い花を縫いました。

時間と気持ちに余裕がある時にしか縫えないので、いつも作品一つにかなり時間がかかっています。
それでも少しづつ増えてきました。

日本の伝統刺繍に触れているのも嬉しいことです。


20211227.jpg






posted by masayo miwa at 21:59 | quoi de neuf?

2021/12/25

かぎ針の実験



オートクチュール刺繍で使うかぎ針をボビンレースで使ってみようと試してみました。

先ずはそのまま、かぎ針は真っ直ぐの状態で
いつも使うかぎ針と同じように使えます。
ただ先が鋭く尖っているので、かぎ針を入れるときに糸を破らないように注意が必要です。

ヤスリなどで針先を少し丸くすると良いかもしれません。

20211219_6.jpg


デュセスレースを織る時に使う細いかぎ針のように
太い糸用のかぎ針も針先を曲げるとより使いやすくなるのではと
以前から考えていたので、火で炙りペンチで曲げてみました。
火にあてる時間はほんの数秒で簡単に曲がりました。

断然こちらの方が使いやすいです。

20211219_7.jpg


試したかぎ針は#80と#70
ボビンレース麻糸#60〜#80相当の糸に使えると思います





posted by masayo miwa at 17:18 | dentelle aux fuseaux

2021/12/19

生徒さんたちの作品



愛をテーマにした刺繍。
ハートが2つと
L'AMOUR IMMOTTELは不滅の愛。
アールヌーヴォーの雰囲気に仕上がるようにと生徒さんがデザインされました。

不滅‥‥と言えば、韓国ドラマの不滅の恋人
NHKで放送されていたのをたまたま見てから韓ドラの沼に落ちました。
そして、韓流からの華流と敷かれたレールの上を走ってます。
まったくの余談でありました(笑)。

20211225_2.jpg



刺繍のデザインでよくある花文字をボビンレースで織れるようにデザインしました。
自身がMなのでMを使う事が多いのですが
生徒さんのM率も高く需要があるようで、良かった、よかった。

20211225_1.jpg






posted by masayo miwa at 21:22 | au point du plaisir

2021/08/20

Bruges Swan



久しぶりにトーションレースを織りました。

ブルージュと言えばの1つ、べギンホフ辺りや運河にいる白鳥。
歴史的にちょっと怖い伝説があるそうですが
伝説だけに本当かどうかは???

私には旧市街の古い建物に白鳥がロマンチックな光景です。


20210820_swan.jpg

Design:Lieve Pollet

パターンはフェイスブック、カントセンターのグループ
A P-lace together で公開されていてダウンロード出来ます。





posted by masayo miwa at 16:52 | dentelle aux fuseaux

2021/07/24

豚に真珠



かなり前に試作だけして放置したあったフランダースレースを
仕上げました。
豚くん達のエンドレス行進です。

20210724_3.jpg


豚と言えば、、豚に真珠と言うことで。。
意識して丸っぽいものを色々入れてみました。

20210724_2.jpg



20210724_1.jpg


それから改めて
今までに分不相応に与えられたものがあっただろうかと
ふり返ってみましたが、これといって豚に真珠は思いつきませんでした。(笑)
もしかして、気づいてないだけ???





posted by masayo miwa at 21:33 | dentelle aux fuseaux

2021/06/15

小夜の白鳥



ロングアンドショートステッチを使っている
古い白糸刺繍は時々見かけます。
動物や人、生のある物によく使われているのではと思います。
特に羽や毛並みを表現するのにぴったりの技法ですね。

生徒さんが白鳥を刺繍するのに参考になればと
刺してみました。

20210612_swan1.jpg



20210612_swan2.jpg






posted by masayo miwa at 21:54 | broderie blanche