2018/07/15

ヴァランシェンヌレース
Dentelle de Valenciennes


刺繍にインサーションする
ヴァランシェンヌレース(Dentelle de Valenciennes)
ブロカントなどで売られているレースは大抵汚れています。
まぁ数百円程度のモノで
汚れていなくて状態が良いモノを求めるほうが
無理な話なのだと思います。
その中から刺繍に使えそうなレースを探し出して
購入します。

そこで、そのレースは使う前に洗う事となります。

Sylvie先生に教えていただいた洗い方です。


20180715_1.jpg



20180715_2.jpg



先ず、レースを一晩 (汚れのひどい場合はそれ以上) 水に浸けます。
衣類用洗剤と漂白剤を入れ2~30分グツグツと火にかけます。

あとは、よく濯いで乾かし、アイロンをかけて完了です。


20180715_3.jpg



この部分のシミがかなり酷く、洗っても少し残ってしまったので
塩素系の漂白剤をピンポイントで使いました。
塩素系はレースを傷める恐れがあるので
時間や濃度などをよく配慮して使うようにします。


20180715_4.jpg



機械織りだろうと、よく見ずに購入したレースですが
洗って、改めて拡大鏡で確かめたら手織りでした(多分←逃げ道)
これが機械織りだとしたら、逆に機械の性能に驚きです!

これだけの巾で、グランドのリピートが細かい手織りのレース
ブロカントでは、なかなかレアではないかと思います。
(ちょっと得した気分・・です(笑))


20180715_5.jpg



右2つのレースが手織り
左のレースは機械織りです。





posted by masayo miwa at 19:46 | Comment(0) | quoi de neuf?

2018/05/19

京都へ



美術館「えき」KYOTOで開催中の
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展へ
行ってきました。
アンティークレースを見るのは久しぶりで
ワクワクするのと、
もしかしたら・・、と言うのは
もう何年も前に行った
ベルギーの王立美術館や衣装とレース博物館には
流石 レースを文化遺産とする国だけあって
それはそれは沢山のレースの展示があり
・・・疲れるのです、、レースでお腹いっぱいになるのです(笑)
が、昨日はちょうど気持ち良いところで余韻を感じながら
帰れました。時間を作って、行って良かったと思います。
様々な国、様々なレースの種類が分かりやすい解説とともに
展示してありました。
知らなかったレースもあり勉強にもなりました。
日本でこれだけのレースを見られる機会は
あまり無いのではと思います。
レースが好きな方は是非!


20180519.jpg





posted by masayo miwa at 18:57 | Comment(0) | quoi de neuf?

2018/01/20

たぶん・・・牡丹、たぶん・・・、もしかしたら芍薬



ゴージャスなお花を縫ってみたくて
先生に相談したところ用意して下さった図案です。

モノトーンで縫うつもりが
赤の妖精さんに “使ってぇ〜” と耳元で囁かれ
素直に受け入れました(笑)。


20180120_1.jpg



日本刺繍の教室でも話題になったのが
これが牡丹か芍薬か???

ネットを検索してみると
多くの投稿記事が葉っぱの特徴で見分けられると伝えています。

が、、色々写真を見ても私は首を傾げるばかりで
よく分かりませんでした。。。

その記事の中から西洋では牡丹も芍薬も同じ
Pivoine(仏) / Peony (英)という
1つの単語しかないと知りました。
西洋に伝わったのが遅い時期で、良く似ているから
個別にお名前もらえなかったのでしょうか???

って、実は、私もよく分からない事の言い訳みたいな事を
言いたかったのでした(笑)。

そして、美人さんを表現する言葉に使われている
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
芍薬?牡丹??どちらにしても
まさしくゴージャスなお花ですね。





posted by masayo miwa at 19:11 | Comment(0) | quoi de neuf?

2017/12/24

Joyeux Noël et BonneAnnée



あと数日で年越しをむかえますね。
楽しい年末年始をお過ごしください。

そして、2018年がより良い年に
手を動かす時間をたくさん楽しめますようにお祈りします。


20171224.jpg






posted by masayo miwa at 11:08 | Comment(0) | quoi de neuf?

2017/07/10

Les broderies de Marie & Cie



この夏もやって来る事ができた白糸刺繍のスタージュ。
フランスの刺繍本の中で先生が大きく紹介されています。

日本では←こちらで入手できるようです。
または海外からの取り寄せも可能…かなと思います。

内容は数人の刺繍家の方々の色んなタイプの刺繍作品と作り方
日本の刺繍家の方の素敵な作品も掲載されています。


IMG_1610.JPG
posted by masayo miwa at 03:08 | Comment(1) | quoi de neuf?

2017/01/01

あけましておめでとうございます



あけましておめでとうございます。
みさなまにより良き年、ご多幸をお祈りします。


何年かぶりに明けてすぐ
徒歩20分ほどのところにある神社へ初詣に出かけました。
防寒対策万全で歩いたのですが、万全すぎて帰りは汗ばむほどで
ここ名古屋は暖かな年越しだったように思います。


20170101.jpg



イメージは、bonbon(キャンディ)色の鶏。

こんな雰囲気の毎日を過ごせたら倖せだなぁと思います。
どんな雰囲気? 具体的には説明できないのですが・・(汗)






posted by masayo miwa at 17:03 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/12/04

京縫(きょうぬい)



日本刺繍、京縫を習い始めてかれこれ2年ほど。
かなりのスローペースですが、ぼちぼち歩んできました。

これから先もぼちぼちしか進めないと思いますが
私の愉しみです。


20161204kyounuiyuki_1.jpg



京縫のお稽古バッグとして使おうと
トートバッグに仕立てをお願いしました。


20161204kyounuiyuki_2.jpg



20161204kyounuiyuki_3.jpg



刺繍をする時
絹糸が絹地をとおる時のシューーーっていう音が
心と身体に沁みます。





posted by masayo miwa at 19:36 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/10/30

こんな袋を作りました



先日仕上げた刺繍、イニシャル K でこんな袋を作りました。


20161029_1.jpg



刺繍枠や
制作途中の布も一緒に入れられます。

薄い生地のミシンがけ、苦労しました。
厚さの違う布を縫い合わすは難しかった、、、(汗)
ヨレヨレ加減が物語っていますね(大汗)。


20161029_2.jpg



気をとりなおし
先日、名古屋の松坂屋で開催されていた
ベルギー物語へ出かけました。

特別にタンタンのファンではないのですが
来年のスケジュール帳と
缶を欲しさに JUIES の BISCUITS。
どちらもベルギーと言えばのベタベタでお恥ずかしいです(笑)。
でも、ひっそりベルギー好きをアピール。。

今年も栗林先生がボビンレースのデモンストレーションを
されていました。
OIDFA のブルージュ開催は中止になりましたが
2018年夏にブルージュで何かイベントがあると
お話くださいました。
何があるんでしょう!? 楽しみですね!!


20161029_3.jpg






posted by masayo miwa at 00:18 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/09/13

OIDFA in Brugge が中止・・



2018年にブルージュで開催予定だったOIDFが
中止になったそうです。


20160913oidfa.jpg



会員に届けられる冊子の最新号にも
それについての記事がありました。

中崎久美子先生のブログ ☆☆☆ には
ベルギーサイドへの
中止にあたってのインタビュー記事をアップしてくだっさてます。






posted by masayo miwa at 21:10 | Comment(0) | quoi de neuf?

2016/07/16

マルシェバッグ


サクレクール寺院側の布屋街の
マルシェサンピエールで巨大マルシェバッグを発見。
大量の布を購入しても持ち運び楽チンなのかな(???)(笑)
お値段はたったの1.5ユーロなりでした。




posted by masayo miwa at 02:29 | Comment(0) | quoi de neuf?