2021/01/29

ニードルレースのサンプル



サンプルがあるとイメージを膨らませやすいので
刺繍の中にニードルを入れるプラン作りに役立ってくれます。

ニードルを入れた刺繍はいくつかアップしていますが
これは ☆ 薔薇の花びらに入れました。

トゥーレーヌ刺繍の特徴のヴァランシェンヌレースを組み込んだり
グリーユを入れるのも刺繍の中に透け感を与えてくれて
エレガントな雰囲気になりますが
ニードルレースはより繊細さを演出してくれると思います。


20210129.jpg

直径25mm
エジプトコットン#60使用






posted by masayo miwa at 18:33 | broderie blanche

2020/12/30

紙石鹸チャーム



フランスの美容専門店オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ ビュリー
では石鹸にイニシャルや
17世期の印刷彫刻家マブローのモノグラムを
刻印してもらえるそうです。

そのモノグラムを刺繍してみたいと生徒さんから相談を受け
ビュリーの石鹸をイメージして刺してみました。

20201230_1.jpg



20201230_2.jpg


20201230_3.jpg


20201230_4.jpg


20201230_5.jpg


ビュリーの紙石鹸を入れるチャームに仕立てました。
リボンでバッグにぶら下げて
紙石鹸は外出先で使うのに大変便利で香りも楽しめます。





posted by masayo miwa at 22:03 | broderie blanche

2020/08/11

しばらくぶりの更新で・・



前回から6ヶ月も経ってしまっていました。。。
季節はすっかり真夏で、最近は酷暑の毎日の自粛生活
もともと在宅大好きなため外出欲は湧きませんが
世界中が初めて経験するこの状況には
ただただ、収束を願い待つ事しか出来なく
ストレスを感じずにいられないのは確かな事です。


ボビンレースを付ける布に刺繍をしました。
布は今は手に入れる事が難しくなった古いバチスト
デザインは古いデザインブックからとりました。

バンシュレースを織ってハンカチに仕上げたいと
思っていますが、レースはやっとボビンを掛けたばかりで
いつ仕上がるやら・・と、今から言い訳しておきます(笑)。


20200810_1.jpg



20200810_2.jpg






posted by masayo miwa at 11:09 | broderie blanche

2019/10/04

Grilles (グリーユ) を入れたイニシャル __petit sache__



小さなサシェ、5つ目が出来ました。
今回は、イニシャルデザインは前回のBと同じ字体で
グリーユを入れました。


20191004_1.jpg



裏側もまた王冠、そしてまた金糸

20191004_2.jpg


金糸を使い出すと、ついまた使いたくなってしまいました。
でもこれが良いのか不要なのかはよく分かりません。。。
好きずきもあるだろうし、どう見せたいかにもよるのでしょう。



金糸を入れる前のM
凛としてるのはこっちかなぁ、、
本来わたしはこっちが好きかなぁ。。でも時々浮気。。(笑)

20191004_3.jpg



そろそろサシェ作りにも飽きてきました。
サシェに刺したいモチーフはあといくつかあるのですが
少し休憩かなぁ。。





posted by masayo miwa at 21:51 | broderie blanche

2019/09/14

“B” broder __petit sache__



小さなサシェ、4つ目が出来ました。
Broder(刺繍する)の“B”
本当は、直線にニードルレースを入れたかったので
効果的かなと考えて選んだのが、たまたま“B”でした。。

今回は麻布を使い、金糸も少し入れ装飾しました。
この麻布はモスリンに比べるとかなりしっかりしているモノで
あつかい易く、少し気を楽に刺繍出来るのではないかと思います。


20190914_2.jpg


裏側には王冠

20190914_1.jpg

ニードルレースを見やすいように
ブタさんカエルさんに登場願いました(笑)。


入れ口にはバリエーションの1つ、サンプルにと
ドロンワークをしてみました。

よく見ないと分からないくらいの飾り加減が好きです。
 ↑ 自己満足の骨頂ですね(汗)。

20190914_3.jpg



最後に作業風景

20190914_4.jpg


どこを縫うかにもよりますが
縫うモノを固定させた方が縫いやすい時は
テーブルの上に作業台を置いてその上で縫っています。
文鎮で押さえたり、
台には針が刺せるのでまち針をうって固定させたりします。

しかし、この文鎮
小学校の時から使っています!!
ヴィンテージです(笑)。






posted by masayo miwa at 21:30 | broderie blanche

2019/08/07

イニシャルと王冠 __petit sache__



小さなサシェ、3つ目が出来ました。


20190807_1.jpg



20190807_2.jpg



生徒さんからの希望もあったので、サンプルにとサイドの縫い代を
ポワンドパリ(point de paris)で、とめ付けました。
何かモノを入れるのに縫い代がじゃまにならなくて良いですね。

20190807_3.jpg



20190807_4.jpg



20190807_5.jpg


写真では分かりにくいですが
イニシャルも王冠も少しだけ銀糸を使っています。





posted by masayo miwa at 23:44 | broderie blanche

2019/07/31

ニードルレース



今回の白糸刺繍スタージュでは
白糸刺繍の中にほどこすニードルレースの
再現と言うと大げさですが、勉強をしました。

20190730_9.jpg



20190730_12.jpg



実際の古い刺繍やその写真を見て(下の写真など)
糸の通る道を考えます。
白糸刺繍の中に入れるニードルレースは
カリキュラムの中で基本的なルールを習っているので
それに沿うようにどう形にするかを模索します。

糸の道を考える事は
ボビンレースの製図に似ていると思います。
頭を悩まされますが解けた時は、快感。
また反対に、実際糸を動かしてみて信じられない間違いに
気づいて、落胆。
これもボビンレースの製図と同じです(笑)。

20190730_10.jpg



サンプラーにと思い作りましたが
これだけの種類、実際の作品には詰め込み過ぎですね。

何事も“バランス”大事ですね!

20190730_11.jpg






posted by masayo miwa at 17:48 | broderie blanche

2019/04/25

ピコ ___ petit sachet ___



小さなサシェ、2つ目が出来ました。


20190425_2.jpg



今回は入れ口の折山にピコを作ってみたのですが
そこには大きな理由がありまして。


20190425_1.jpg

右下;1つ目サシェのピコなし 左上;今回サシェのピコあり


なんと!!
何を勘違いしたのか
抜いてはいけない布の織り糸を2ヶ所も抜いてしまうという
信じられない間違いをしまして。。トホホ。

やむなく、1ヶ所は針で糸を入れなおし
折山には、糸を抜いたところを利用してピコを作りました。

間違いが無ければここにピコを作る予定ではなかったので
怪我の功名、不幸中の幸い。
こんな小さなピコでも、小さなピコだからこそのニュアンスに
愛おしさを感じます。


20190425_5.jpg



20190425_3.jpg



20190425_4.jpg





posted by masayo miwa at 21:45 | broderie blanche

2019/02/27

丸  ___ petit sachet ___



ふと、丸を練習しようと思い立ち
レッスンで使うデザインと組み合わせて刺してみました。

サイズを少しづつ変え、角度も少しづつ変え。

以前にも丸について書きましたが
正円は正円以外の何者でもなく
誰の目にも正解のイメージがある丸は、ごまかしがきかず
本当に難しいです。
コツを身につけられるよう数をこなすのが一番の練習でしょうか。
しかしながら、この練習は一生続きそうです。


20190220_3.jpg

丸が並ぶと可愛いですよね。


20190220_4.jpg

ランダムに配置された丸は色んな景色を想像しますよね。
雪だったり、たんぽぽの綿毛だったり、朝露だったり、
雨だったり、、、


小さなサシェに仕立てました。
糸入れにちょうどいい大きさです。


20190220.jpg



20190220_2.jpg




posted by masayo miwa at 21:42 | broderie blanche

2018/09/23

糸を洗いました



とある経緯があり、使ってみる?と
いただいたCARTIER BRESSON à la croix の
アブローダー(BRODER BRILLANTÉ)
CARTIER BRESSONは、1900年代中頃にDMCと合併し
その名前は消えました。
貴重な糸、それも#80です・・細い!!
それを思い今までしまい込んでいましたが
眠らせておく訳にはいきません。

刺繍は完成後に洗うので
そのまま使っても良かったのですが
以前に、先輩でお友達でもある方から洗ったと聞いていたので
私も洗ってみました。

古い糸なので全体的に少し薄茶けて
特に丸印のところや他にもシミがありました。


20180923_1.jpg



シミもほぼ目立たなくなり、白くなりました。
心配しましたが、艶も手触りも変わりませんでした。


20180923_2.jpg



洗い方はレースと同じです。

乾かしたあとは糸を押さえつけないように
蒸気をあてました。
そこで活躍してくれたのがこの年代物の蒸気アイロン
編みものをしていた時代にはよく使いました。


20180923_3.jpg






posted by masayo miwa at 19:45 | broderie blanche