2014/06/21

バンシュレースのハンカチ



完成しました!

クッサンがひっくり返ったとか、また出して織っているとか
幾度か登場しているバンシュレースを仕上げました。

パターン集『Caen KANT SPECIAL』から
中崎久美子先生の古いレースからのデザイン ”EIKENBLAD"
(ちなみに英語では OAKLEAF)です。

このパターン集は
2年ごとに開催されるレース大会 OIDFA に合わせ
カントセンターから発刊されるパターン集の
2012年にフランスのカーンで開かれた時のものです。

今年の OIDFA はオーストラリアですね。
お出かけになったりワークショップに
参加される方もいらしゃるのではないでしょうか?


20140621_binche_1_sakura.jpg


下の写真は
左上;縫い合わす道をシュミレーション
右上;切り離したレース
左下;モノグラムを刺繍
右下;布つけ です。


20140621_binche_2_sakura.jpg


刺繍するイニシャルやモノグラムは
なるべくレースの雰囲気に合ったデザインをと思い
最近譲っていただいた
100年も前の古いデザイン集から選びました。

左右対称のデザインは難しいとは思っていましたが
難しかった!!!
まず、下絵を写す時点で左右対称になっていない
その上、糸の引き加減や密度も同じようにできない
そんなこんなでまだまだ練習しなければと
思い知らされました。。

でも、このデザインはエレガントでとても素敵
いつかリベンジします!


20140621_mm_sakura.jpg



posted by masayo miwa at 19:29 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2014/06/10

フランダースの製図レッスンで



梅雨入りしてからずーっと梅雨らしいお天気
梅雨ですもんね。。

モチーフはトンボ、とだけ決めて
何も考えずに取り合えずトンボを描いてみました。

そして、(経過です)
 さて、このトンボをどうするか
 ハンカチにするとしてもまずはメダルかな
 トンボだけでは寂しいので周りを額風にしてみて
 麦の穂を入れてみよう
 ギンプは入れたくないからボルチェ風に
 でも少し動きをつけたいので
 ハーフステッチをしてそこにはギンプ
 あっ、そうだ!百合の紋も入れよう、
 モチーフが小さくて糸の動きに問題があるようだけど
 ギンプでごまかせるかな

何も考えずに取り合えず描いたトンボは
A3いっぱいでかなりのペア数
メダルは織り始めボビンをペアにしないといけないから
準備が面倒、、と思いながらの糸巻き。

よし、あとは1番楽しい織り作業です。


20140610_tonbo_2_sakura.jpg


20140610_tonbo_sakura.jpg


完成して、(思う事です)
 百合の紋にはやはり無理があったかなぁ
 麦の穂、リネンステッチにもギンプを入れたほうが
 よかったかなぁ

実は、フランダースグランドを2ヶ所織り間違いました、
写真を拡大すると直に見つけられてしまいそうなところです。
試し織りのつもりでしたが
上手くいけば本番と思っていただけに
ピンを外した時にはかなりの落ち込み、、、でしたが!
まっ、いいんじゃない。。
と、耳元で誰かが囁いているような気が。



2014-06-10 18:31:31
posted by masayo miwa at 18:31 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2014/04/25

再び、みたび︎



自分でも呆れるくらい、、。

一度休眠させていたクッサンを出し
また織り出したものの
ひっくり返されてボビンがぐちゃぐちゃ
20本程の糸がピンの根元で切れ
心が折れたので
そのまま"そぉーっ"とまたしまい込み、再びの休眠。

かれこれ2年も過ぎてしまっていました︎

そのツケは、糸が汚れていましたーー。
もう切ってしまおうか、と悪魔が囁きましたが
誘惑に負けそうになりましたが

糸を繋げるところまで解き、また織り出し
最後のコーナーを回り切ったので、ひと息つけました。

またまた、みたびのしまい込みになるかも知れませんが
2年前よりはポジティブ。(笑)


20140424_2_sakura.jpg


20140425_sakura.jpg



posted by masayo miwa at 00:34 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2014/04/04

ファインブルージュフラワー



20140404fbf1_sakura.jpg


小さいの1つ、完成しました。
以前のドイリー  と同じく
基本的なパーツで構成されているので
ファインブルージュの練習パターンにイイかなと思います。


20140404fbf2_sakura.jpg


大きなパターンとなると
持ちピンが足らなくてそうもいかない時もあるのですが
間違って糸をひっかける心配も少なくなるし
織った糸が安定してくれる効果もあるかと思い
わたしはどのピンもなるべく最後まで外さないでいます。

そしてピンを外す時
織った糸を引っぱったりしないように気を使って
特にピコのピンを抜く時は丁寧に
今回、ピンを抜くのに小一時間。
使ったピンがコレだけ、小さなパターンなのに結構な量です。
まさか数を数えようとは思いませんが
何本くらいあるのだろう??
暇な時数えてみようかな?? やっぱり止めとこう!!

ボビンレースをされる方は
ハットピンとかまち針とか
コレクションされている方も少なからずですよね。
リーフのまち針は京都のみすや針さんで購入
薔薇のまち針は頂きもの、ご自分で作られたそうです。




2014-04-04 14:05:22
posted by masayo miwa at 14:05 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2014/02/19

ブルージュフラワーワークのブケ



ブルージュフラワーワークの典型的なお花をいくつか入れて
ブケを織ってみました。

あと1ペア足そうかなぁ、どうしようかなぁ
とか、これじゃペア多すぎかなぁ、、とか
力不足も重なって、まぁいいか… と思ったところは
やはり、まぁいいかのデキになってしまっています。。
フィリングをどう入れるかも難しいところでした。

太糸のレースは日々の暮らしの中に取り入れて
例えばマットとかテーブルランナーとかカーテンとか
"使えるレース"
そんな身近に楽しめるもの、また何か作れたらと思います。


20140219_sakura.jpg



posted by masayo miwa at 00:25 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2014/01/06

ブルージュフラワーワーク



明けましておめでとうございます。

”ふと”思うのです、
少ないながらもココに来て下さる方は
どんな方達なのだろうかと。。
編みものや刺繍やボビンレースを作っている方?
手しごとに興味のある方?
たまたま開いたページがココだった?
親しいお友達には見たよと言ってもらえると
いつも嬉しく思っています。

そんな皆さまに
今年も良い事がいっぱいありますように。

本年初めの手しごとはボビンレース
ブルージュフラワーワークのマットを織りました。

時々、制作時間をたずねられる事があるのですが
作品によっても変わってくる事が多く、実際に計算した事も無く、
大まかにも答えられない状態です。
そこで、と言う訳でもないのですが
今回”ざっくり”時間を気にしてみました。

結果、
お花1つに大体1時間半、葉っぱ1つに同じく、
カールの1リピートに2時間半、そのグランドに同じく、
単純計算すると、、21時間と言う事になります。
ちなみに他の方々に比べ私は手が遅い方だと思います。
1日から作業を始めてクッサンから外したのが5日
5で割ると一日4時間。
自分では毎日午後からは
ずっと4時間以上座っていたハズだと思うのですが、、、
不連続糸レースなのでボビンを用意する時間などもありますか。。
はたまた!!休憩が多いのですね、、。


20140106bfw1_sakura.jpg


20140106fbw_sakura.jpg



posted by masayo miwa at 12:00 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2013/11/23

薔薇 (in Torchon lace)



プリッキング45°の制約の中でも
薔薇は描きやすいモチーフの1つでしょうか。
トーションレースは、幾何学模様となる事が多いのですが
何か具象モチーフをと織りました。
もう何年も前で、取りあえずサンプルの目的で
最小の繰り返しで小さなドイリーと
カフェカーテンの裾にでも付けようとストレートで1mくらい。


20131123torchon_rosesakura.jpg


いつかもう少し大きなドイリーを織ろうと思いながら
放置状態でしたが
おたいま(NNiicckkyy)さん ***←blog
が織ってくださいました。
可愛く完成されたのでご紹介します。



posted by masayo miwa at 18:34 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2013/09/22

薔薇 *カフェラテ*



随分久しぶりのUPとなってしまいました。
この夏の間はビデオの早送りのように
何年か分の出来事が一気に通り過ぎていったようで
ポーズボタンを押して少しだけ休憩したいけれど
時は誰にでも平等に過ぎていくのだと。。

製図レッスンを受けた時の課題
バンシュグランドをモチーフを介さないで直接つなげる。
始めから先生に指摘を受けていたように
境目があやふやとなるので
レースだけでの表現にはやはり無理がありました・・
下に引いたラインに助けてもらっています。


20130922sakura.jpg


ここでのお知らせが間に合わなかったのですが、
先日東京のギャラリーくぼたで開催されたボビンレースの作品展
"Dissonance 〜kumikoと仲間の作品展〜"
に出展させていただいた一つです。

作品展では先生の作品はもちろん
多くの生徒さん達の素晴らしい作品も見る事ができて
勉強になり、モチベーションも上がり、倖せになりました。



posted by masayo miwa at 11:33 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2013/07/03

トーションレース3



3つ目が出来ました。
トーションマットの3部作です。
トーションレースは多くの人が一番最初に習う連続糸のレース
組織図があればそれに従い織っていくだけなので
手を動かすのが好きな人は
時間を忘れて織ってしまうレースでしょうか?

このタイプ(全面レース)は布を付けなくてもいいので
クッサンから外したと同時に完成、それもまた魅力。。


20130703_1sakura.jpg


20130703torchonmat3sakura.jpg



posted by masayo miwa at 16:24 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2013/06/29

トーションレース2



トーション2つ目が出来上がりました。
このラインが絡んでいくようなデザインはよく目にします。
コーナーもそのラインのモチーフをつなげたので
ペアの足し引きをしました。
今回もまた
楽しいけど、難しい、、トーションレース。。でした。


20130629_3sakura.jpg


20130629_1sakura.jpg



posted by masayo miwa at 22:35 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux