2018/03/27

冬眠してました



桜が咲き始めたので慌てて起きだして・・・(笑)、

古いレースの中にこの様なお花を見たので
フォルムが可愛いなと思い作ってみたくなり
描いてはみたものの実際に作れるか試し織りをしてみました。


20180327_5.jpg



どう織り進んでいくか色んな可能性のあるデザインかなと
思うので、これはほんの1例で
作る人によりまた違った印象のお花を見られるのかなと思います。


20180327_1.jpg



ニードルを入れる時は、なるべくレースを傷めたくないので
最小限のところでいったんはずして先にニードルを入れました。


20180327_3.jpg



20180327_4.jpg



そんなこんなしている間にここ名古屋の桜は
もう満開のようです。





posted by masayo miwa at 23:48 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2017/09/11

ブローチ



小さなデュシェスレースを織りました。


20170911_3.jpg



スカーフをとめるリングのような物を
作ろうとデザインしてみたのですが
織っている途中でブローチに仕上げた方がいいかなと思い直し
レースをサテンのリボンにアプリケして
ブローチの留め具を付けました。
スカーフをとめる事もできるしバッグチャームとしても
使えるし、汎用性がありますよね。


20170911_1.jpg



ブラウスに着けてみました。
あまり出番の無いブレスレットをたらしたら
動きが出ていい感じです。


20170911_2.jpg






posted by masayo miwa at 22:50 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2017/06/16

はーと・はぁーと・はぁーとっ
les cœurs
hearts



ハートをモチーフにしたレースはよく見かけますが
私もフランダースレースで1つ作ってみました。


20170616_1.jpg



前回の雨垂れよりも小さなレース(14cm×14cm程)です。
ハンカチと言うよりドイリーかな?
四角にプリッキングしてもクッサンにのりました。
今回もペア数が少ないのでレースの移動は比較的“楽”ですが
動かさないのはもっと楽!・・でした(笑)。


20170616_2.jpg



フットサイドを曲線にしてみたので
 //前回の製図レッスンの時に先生が提案して下さり
  いつか使おうと課題の1つとしていました//
布つけは折り返し無しの切りっぱなしになります。
ダブルのヘムステッチという方法もありますが
サテンステッチを使う事にしました。

そこで糸選びです。
布とレース、両方を考慮し細い糸を使いたいところですが
DMCアブローダーは今はもう#30より細い糸を生産していません。
これはとても悲しい事、、、(泣)。

DMCさん、せめて#40を作っていただけたらと切に願います!!!

と話が飛んでしまいましたが
糸はEgyptisch Katoen(エジプトコットン)の#24/3を使ってみました。
少し撚りが強すぎるかなと思いますが、イヤな感じのテカリは無く
レースを織った糸と同じ種類なので
気持ちよくなじんでくれています。


20170616_3.jpg



20170616_4.jpg



サテンステッチがアクセントにもなり
また曲線がエレガントな雰囲気にしてくれているなぁと思います。




posted by masayo miwa at 19:43 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2017/05/29

雨垂れ
des gouttelettes de pluie
droplets of rain



雨垂れをイメージして、フランダースレースを織りました。


20170529_1.jpg


ペアの足し引きも無く簡単なパターン
ボビンを動かし、その触れ合う音を耳にし
淡々と同じ動作を繰り返すのが好きな私、充分楽しめました。


20170529_2.jpg


18cm×18cm 程の小さなハンカチです。
大きなクッサンだとレースの移動も少ない回数で済みますが
小さなクッサンは取り扱いが楽。
どちらを取るか迷うところではありますが
ペア数も少なく、移動にそう面倒も感じないので
小さなクッサンで織りました。
・・・自身が小さいので、いつも何でも小さい方を選ぶワタシ(笑)


20170529_3.jpg


雨垂れと言えば

 “雨垂れ石を穿つ”

小さな事も根気よく続けていれば成果を得られる、ですよね。
レースを織ったり、刺繍を刺したりにも繋がるなぁと思います。





posted by masayo miwa at 17:43 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2017/05/02

ブルージュフラワーワーク



久しぶりに麻色のリネン糸を使って
ブルージュフラワーワークのドイリーを作りました。
麻色は、ラフで素朴な感じがします。


20170502_1.jpg



この麻色はベビーピンクやベビーブルーに合わすのが好きで
合わすとベビー色が大人色に変身するなと
勝手に思っております(笑)。


20170502_2.jpg






posted by masayo miwa at 18:06 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2016/12/11

お星さま



久しぶりに麻糸を使いたくなり
クリスマスシーズンに合わせて何かをと、お星さまを作りました。

細い糸に比べると
少し気分もゆるめて(逃避 !? !? !?)楽しく織れましたが
リーフがたくさんのモチーフは、やはり時間がかかりました。


20161211hosi_1.jpg



この本の中のパターンを使いました。
これはドイツ?の本・・かな??
文章はまったく読めませんが、パターンはほぼ世界共通・・かな?
プリッキングとペア数が分かれば、まぁなんとかなる・・かな?


20161211hosi_4.jpg



ユーカリにつるしましたが、少し淋しめですね。
もう少し賑やかにしてあげたい感じですね。
また逃避したい時、じゃなく(笑)気分をゆるめたい時に
何か織ろうと思います。


20161211hosi_2.jpg



20161211hosi_3.jpg



部屋の中にユーカリの香り、癒されます。





posted by masayo miwa at 22:34 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2016/09/09

ローラークッサン



先日ローラークッサンの話が出て
放置中(熟成中・・・)だったクッサンを表舞台へ。

個人的には、ローラークッサンには必要性を感じなかったし
興味がなかったのですが
このクッサンを見つけた時は、そんな事が吹っ飛んで
コレを使ってチュールレースを織りたい!
そんな”欲望”に駆られ・・

クッキー型のクッサンではレースの移動が必須です。
チュールレースはグランドが繊細
でも、もしコレを使えばレースを傷めてしまったりの
まさかの事故も避けられる、、等々のメリット(言い訳)
誰にも突っ込まれる事は無いだろうけど
今までのスタンスを崩す言い訳めいた事を考えながら
ついに購入に至ったクッサンです。

簡易的なもので幅は35pほどなので
たくさんのボビンが必要な幅広のレースを織るのには
不向きだとは思いましたが
”欲望”と勢いは止まりませんでした。


20160909rollercushion_1.jpg


ほぼ3年の熟成期間(!!!?)(笑)。
かかっていたレースは、バイユー(Bayeux)レースで
ペア数は20pairs。
このクッサンだとこれくらいがマックスかなぁ
これ以上になると織る時にストレスを感じるんじゃないかなぁ
と想像します。パターンにもよるかな(?)。
長い間放置していたにも関わらず
幸いにレースもピンも殆ど汚れが無く
このまま織り続けることにしました。

後ろ姿
レースが長くなってきたので糸巻きを吊るして巻いてみましたが
どうなんでしょう??? とりあえずはこれで・・

Bunkamura ザ・ミュージアムでの西洋更紗トワルドジュイ展
残念ながら行けませんでしたが、トワルドジュイ好きの私は
このクッサンの前に座るとやはりテンション上がります。


20160909rollercushion_2.jpg



20160909rollercushion_3.jpg



20160909rollercushion_4.jpg



チュールレースにはすごく沢山の種類があるようです。
この2冊の本には
何種類かのチュールレースの歴史や特徴、テクニックが
紹介されています。



posted by masayo miwa at 15:06 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2016/09/02

薔薇のブローチ



中崎久美子先生の薔薇をテーマにした本、
"Roses" から
お花のデザインを1つ抜き出してブローチにしてみました。

薄手の麻布にアプリケして刺繍のブローチにも使った
クロバーさんのセットを使い仕立てました。


20160902rose_1.jpg



20160902rose_2.jpg







posted by masayo miwa at 23:04 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2016/04/14

バンシュレースで額紫陽花を


製図レッスンの課題をもう1つ織りました。
紫陽花は以前からモチーフにしてみたかったお花のひとつでした。

西洋紫陽花ではなく額紫陽花にしたのは
花弁(装飾花)の数が少ないから。
少しでも小さな花弁を減らそうという魂胆です(笑)。

改良の余地満載で、納得する出来上がりとはなりませんでしたが
なんとなくの雰囲気がつかめたので
またリベンジしたいと思います。


20160414binche_1.jpg


花弁1つずつのギンプを切ったので
ギンプの尻尾がえらい事になっています。


20160414binche_2.jpg


今回は鉛筆の線だけでは織る自信がなく、お清書しました。
流石のカラーコードです。
断然分かりやすいし織りやすい!!


20160414binche_3.jpg


ここ数年、お花屋さんには輸入の紫陽花も増えましたね。
西洋紫陽花には沢山の花言葉があるようですが
額紫陽花の花言葉は、謙虚なんだそうです。
そうありたいです。


posted by masayo miwa at 17:45 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2016/03/29

バンシュレースで柘榴を


製図レッスンの課題を1つ織りました。

清書もせずにプリッキングだけを取り
織り始めたので、、、
あれ・・どうしてこんな動きにしたのだろう??
と思うところや鉛筆のラインだけでは分からない
織ってみて気付く所も数カ所ありました。

ギンプも使わず、ペアも足さずにしたので
結構モチーフに穴があきましたが
”あばたもえくぼ” で、気になるより趣を感じるのは
私だけ???(汗)


20160329_binche_3.jpg


実はここでパリグランドを織り間違っている
事に気付きました。
トリッキーなパリグランドを使っていたつもりが
そのパリグランドに使われてしまった感です。
戻らないと進めない、一気に気持ちが落ちましたが
解くしかない。。


20160329_binche_1.jpg


メダル状のレースを織る時に
チョット面倒だなぁと思うのは
織り始めのペアをセットし終えるまでと
最後の始末。

モチーフを織ってるいる時は楽しいんですけどね(笑)。


20160329_binche_2.jpg


ちなみに柘榴の花言葉は
花が、円熟した優雅さで
実が、愚かさ。

花が終わって実がつくところ
同時に存在させてしまった私は
やはり、愚かか。。。
と、落ちがつきました(笑)。


posted by masayo miwa at 21:34 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux