2016/09/09

ローラークッサン



先日ローラークッサンの話が出て
放置中(熟成中・・・)だったクッサンを表舞台へ。

個人的には、ローラークッサンには必要性を感じなかったし
興味がなかったのですが
このクッサンを見つけた時は、そんな事が吹っ飛んで
コレを使ってチュールレースを織りたい!
そんな”欲望”に駆られ・・

クッキー型のクッサンではレースの移動が必須です。
チュールレースはグランドが繊細
でも、もしコレを使えばレースを傷めてしまったりの
まさかの事故も避けられる、、等々のメリット(言い訳)
誰にも突っ込まれる事は無いだろうけど
今までのスタンスを崩す言い訳めいた事を考えながら
ついに購入に至ったクッサンです。

簡易的なもので幅は35pほどなので
たくさんのボビンが必要な幅広のレースを織るのには
不向きだとは思いましたが
”欲望”と勢いは止まりませんでした。


20160909rollercushion_1.jpg


ほぼ3年の熟成期間(!!!?)(笑)。
かかっていたレースは、バイユー(Bayeux)レースで
ペア数は20pairs。
このクッサンだとこれくらいがマックスかなぁ
これ以上になると織る時にストレスを感じるんじゃないかなぁ
と想像します。パターンにもよるかな(?)。
長い間放置していたにも関わらず
幸いにレースもピンも殆ど汚れが無く
このまま織り続けることにしました。

後ろ姿
レースが長くなってきたので糸巻きを吊るして巻いてみましたが
どうなんでしょう??? とりあえずはこれで・・

Bunkamura ザ・ミュージアムでの西洋更紗トワルドジュイ展
残念ながら行けませんでしたが、トワルドジュイ好きの私は
このクッサンの前に座るとやはりテンション上がります。


20160909rollercushion_2.jpg



20160909rollercushion_3.jpg



20160909rollercushion_4.jpg



チュールレースにはすごく沢山の種類があるようです。
この2冊の本には
何種類かのチュールレースの歴史や特徴、テクニックが
紹介されています。



posted by masayo miwa at 15:06 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]