2016/03/29

バンシュレースで柘榴を


製図レッスンの課題を1つ織りました。

清書もせずにプリッキングだけを取り
織り始めたので、、、
あれ・・どうしてこんな動きにしたのだろう??
と思うところや鉛筆のラインだけでは分からない
織ってみて気付く所も数カ所ありました。

ギンプも使わず、ペアも足さずにしたので
結構モチーフに穴があきましたが
”あばたもえくぼ” で、気になるより趣を感じるのは
私だけ???(汗)


20160329_binche_3.jpg


実はここでパリグランドを織り間違っている
事に気付きました。
トリッキーなパリグランドを使っていたつもりが
そのパリグランドに使われてしまった感です。
戻らないと進めない、一気に気持ちが落ちましたが
解くしかない。。


20160329_binche_1.jpg


メダル状のレースを織る時に
チョット面倒だなぁと思うのは
織り始めのペアをセットし終えるまでと
最後の始末。

モチーフを織ってるいる時は楽しいんですけどね(笑)。


20160329_binche_2.jpg


ちなみに柘榴の花言葉は
花が、円熟した優雅さで
実が、愚かさ。

花が終わって実がつくところ
同時に存在させてしまった私は
やはり、愚かか。。。
と、落ちがつきました(笑)。


posted by masayo miwa at 21:34 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]