2020/02/17

リングピロー追記



昨年秋にリュネビル刺繍を体験する事ができました。
以前から気になっていて1度リュネビル刺繍のかぎ針を
使ってみたいと思っていたのです。

しかし、
編みものやボビンレースでのかぎ針の扱いとは全く違い
かなり苦戦しました。

裏側のビーズやスパンコールをすくい上げるのが大変で
それを持つ左手が攣りそう!

それでも*先生*に助けてもらって
何とか仕上げる事が出来ました。
先生の作品が素敵ですので、是非ホームページを見て下さいませ。

20200217.jpg


ピンクッションに仕立てました。
今まで愛用していたピンクッションの布がすり切れて
可哀想な風体になっていたので、ちょうど新しいピンクッションを
作らねばと思っていたとこでした。

お気に入りのピンクッションになって満足、満足、嬉し(笑)。

重みを持たせかったので
ピンクッションの中にフラックスシードを入れました。
錆び防止にもなるそうで、欧米ではよく使われるようです。
ピンクッションは、手のひらにお手玉を持った感じです。

リングピロー*にもこのフラックスシードを入れています。





posted by masayo miwa at 21:59 | dentelle aux fuseaux

2020/02/16

リングピロー



生徒さんからリングピローを作りたいとの相談があり
画像を検索していたら、バーニーズニューヨークのピローが
目にとまりました。

フリルにしたレースを付けるのも可愛いのですが
実は私もそうなのですが、甘さが苦手な人の心を魅くピロー
だなと思い、作ってみたくなりました。

20200216_1.jpg


バンシュレースで作りたいところですが
先ずは試作を急いで、トーションレースを織りました。

パターンは
La dentelle torchon (vol.2) / Martine Piveteau の中の
"Alvéoles" ←( 辞書によると“蜂の巣の房室”とあります)

選んだ理由は
この本の中にある織り方を試してみたかったのもあります。

糸は、TuzukuさんのLinen N-4 を使用。
かなり細い麻糸で、繊細なトーションが織れました。

20200216_2.jpg


リボンも甘さの要因となるので
いっその事他の方法でと思い
指輪の留め方を悩んだ末、タッセルを使ってみました。

20200216_3.jpg



20200216_4.jpg


写真の指輪は私物です(笑)。。
結婚指輪をはめなくなりかなり年月が過ぎ
その間に指輪が小さくなって(指が太くなって・・)入らなくなり
手放して新しい指輪を買おうかと考えた時もありましたが
どうも偲びなく、しまい込んでありました。
このようにピローに留めて、リビングの片隅に飾るのも
“イイな”と思います。





posted by masayo miwa at 22:11 | dentelle aux fuseaux