2015/10/10

チュールグランド


デュセスレースで見るお豆さんが繋がったようなこのパーツ
オリーブと呼ぶのだそうです。

オリーブと言えば、小豆島が沢山作られている産地の1つ。
その小豆島がご実家のお知り合いに
塩漬けのオリーブを頂いたことがあります。
色んな味付けのものやスタッフドオリーブも美味しいですが
このシンプルな塩漬けはまた格別。
素材そのものの味がふわ〜っと口に広がって
手が止まりませんでした。

さて、今回はこのオリーブ冠の中に
チュールグランドを試作してみました。


image/_p_o_i_pointduplaisir_20151010_tulle_1.jpg


糸を準備するのにこのツールはなかなかの優れものです。


20151010_tulle_3.jpg


うぅぅぅ〜、、ヨレヨレのチュールになってしまいました。。
プリッキングと糸のバランスがいま一つしっくりきていません。
この糸を使うのであればもう少し縮小するべきでした。
レースモチーフとのバランスから言っても
プリッキングは小さくした方が良さそうです。

*使った糸:エジプトコットン#185/モチーフ #160/チュール
*プリッキング:8/14-2,8のリルレースのグランドを75%に縮小


20151010_tulle_2.jpg


連続糸の中ではチュールレースは
レースのイメージらしいレースではないかと思います。

これは以前に織ったリルレースです。





20151010_tulle_4.jpg


パターンは↑この本の中に。

posted by masayo miwa at 18:32 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux

2015/10/02

ヴァレンシエンヌレース


トゥーレーヌの白糸刺繍は
ニードルレース(Les dentelles à l'aiguille)
グリーユ(Les grilles)と呼ぶドロンワーク
そしてヴァレンシエンヌレース(La valenciennes)を
組み入れるのが特徴の1つです。
ボネ(トゥーレーヌ地方の帽子)では
この順番で年代の古いものになるようです。

ヴァレンシエンヌは
アンティークショップや蚤の市で手に入れる事もできますが
ボビンレースを作っている事もあるので自作で調達です。

ピンを打たないグランドはやはり大変で
綺麗にととのったグランドにするのはなかなか難しくて・・
グランドがずれてきたなと思うとボルチェをいれて修正したり・・
ヴァレンシエンヌはかなり手強いレースです。

パターンにはボルチェを作るためのピン位置と
グランドの案内にもなる線を引いて織りました。


20151002_4.jpg


20151002_5.jpg


自作する良い点は、刺繍のデザインに合わせて
レースの中にボルチェを入れられる事でしょうか。



*ヴァレンシエンヌを入れたもの

20151002_1.jpg


*グリーユをいれたもの

20151002_2.jpg


*ニードルレースをいれたもの

20151002_3.jpg


posted by masayo miwa at 23:29 | Comment(0) | dentelle aux fuseaux